2010'08.15.Sun

終戦記念日なので

今日は、終戦記念日なので、おじいちゃんの写真を公開させていただきます。

終戦記念日

写真自体は、第二次世界大戦ではなく、たぶんもっと前の日中戦争とか第一次世界大戦のものだと思います。
でも、戦争の怖さは伝わりますよね?

終戦記念日

これはおじいちゃん本人の写真ですが、まだ若いですね~。
こんなに若くして、戦争に行っていたのかと思うと、いろいろ考えさせられます。

終戦記念日

こんな風に、銃を普通に持ってるなんて、今では考えられないですもんね?

終戦記念日

戦争の残忍さが伝わるような写真ではないかもしれませんが、こういう風に実際に派遣されていく兵隊さん達は、お国のため、だったり、家族を守るんだ、という思いからだったり、無理矢理戦争に行かされていたり、いろんな思いをもって戦っていたんだと思います。

終戦記念日

でも、実際に戦争の始まるキッカケは、きっと思いやりのなさ、だったり、自分勝手で自己中心的な考えから、だったりするんではないかと思います。
被爆国としての日本が、戦争のない世界を作るリーダー国となれるよう、もっと国単位ではなく、世界単位のモノサシで計っていかなきゃいけないな~って思います。

そのためにも、まずは個人的なレベルで、一人一人が思いやりを持った人間になるっていうことが必要なんではないかと思います。

戦争のない世界になるよう、コチラをポチっとお願いします☆
↓↓
スポンサーサイト
ガオトラックバック(0)  コメント(17)
Next |  Back

NonoKikiChai

>戦争の残忍さが伝わるような写真ではないかもしれませんが…
だからこそ 伝わることがあります。
よい写真を拝見させて頂きました。

最近のニュースでは耳を疑うような
嫌な事件がたくさんです。
弱いものをへの心ない行為…
悲しくなりますね。

この時期戦争を報じる番組が多いですが
戦争はこわーいだけではなく
自分の行いを振り返る良い機会ですね。

背筋がビシッと伸びてるガオさんに
ポチです^^*

2010/08/15(日) 09:43:51 | URL | [ 編集]

ANKO

戦争は被害者(犠牲者じゃなく)しか作らないと思います。
戦地に赴いた方々、残された家族、相手国の人々も皆被害者。
英霊なんて呼び方もなんだか誤摩化しの様で嫌。
最近また核武装論なども出て来てるけど、もう兵器はいらない。
戦争や兵器の無い世界が訪れますように。

2010/08/15(日) 10:20:21 | URL | [ 編集]

ショウ

本と平和は大事ですよね

僕は原爆ドームを見にいって

戦争のむごさを感じました

いつまでも平和な世界を

守っていきたいですね(^-^)

2010/08/15(日) 10:41:57 | URL | [ 編集]

あんずミャミャ

日本で戦争のない時代に生まれた私たちは、本当の恐ろしさを知らない。

でも戦争って、結局は罪のない人達がたくさん犠牲になっていて、本当に意味のないことだと思います。
人間がたくさんいれば争い事は起こって当然だけど、戦争という手段ではなく解決できる世の中になってほしいなぁ…

2010/08/15(日) 11:20:07 | URL | [ 編集]

catnap

写真がキレイに保存されているね。
うちの母の実家にもあるんだろうか。
小さい頃、学校の宿題で戦争に行った人の
話しを聞いて感想を書いて来るってのがあって
祖父の話を聞いたんだけど、小さくてピンと来なかった。

祖父はどんな気持で行ってきたんだろう・・・

2010/08/15(日) 11:46:59 | URL | [ 編集]

cocomama

おじいさんの写真は、貴重なものですね~

普通の人たちが、銃を持って 他人を殺せてしまう・・・ それがとっても怖いことですよね~

自分勝手をなくして平和を願います。

2010/08/15(日) 12:36:03 | URL | [ 編集]

モモ大好き

ガオの飼い主さんのおっしゃるとおりだなと
つくづく思いました。
おじいさんの貴重なお写真を拝見させていただき、ありがとうございました。
どういう思いで戦争に旅立っていったのか
想像しただけでも気持ちがシュンとなっちゃいますね。

2010/08/15(日) 13:01:20 | URL | [ 編集]

ひかり

世界規模での平和も身近な思いやりも
同じように大切にしていこうと改めて思いました。
貴重な写真ですね!!

2010/08/15(日) 15:40:13 | URL | [ 編集]

コロリン

おじいさまの戦争に行っていたときの写真・・・
父にもあります。。。
おじいさまのような格好で写真があります。

父は2年前に90歳で亡くなりました。
私は年寄りの子供で一度も叩かれた事がなく可愛がられて育ちました。
父の最期は寝たきりになりましたが介護で私は辛いと思いませんでした。

父が話していましたが・・・
戦争は人間じゃなくするそうです・・・
父は中国人をかばったそうです。
当時の日本兵は酷かったそうです。
戦争は絶対にしてはいけませんね。

2010/08/15(日) 15:55:04 | URL | [ 編集]

ここちゃこ

貴重な写真を公開いただきありがとうございます。
今も世界中で戦争が起こっていて
生まれてから死ぬまで戦争しか知らない人たちがいるんですよね。
何の為に生まれてきたんだろう...と考えちゃいます。
ワタシは基本ぐ~たらニンゲンで偉そうな事は言えないですが
「自分がされてイヤな事は相手にしない」とだけ心がけてます。

2010/08/15(日) 17:54:32 | URL | [ 編集]

やらいちょう

お爺さん、素敵な方ですね。
当時の若い人は本当にしっかりしていらっしゃいました。
国を背負って家族のために命をかけて闘う・・・。
戦争はいけないことですが、
当時の若者の気高い精神を
今の日本人は今一度取り戻すべきでしょう。
貴重な写真を公開していただきありがとうございました。

2010/08/15(日) 17:58:06 | URL | [ 編集]

めんまねえちゃん

結局信じるものや利害やいろんなものが
ぶつかって戦争が起きるけど...
戦うことにスリルを感じるひとであったりとか、
利潤を得るひとはおいといて、
普通はそれで死にたくない...なあ...
うちは祖父の一人は戦争で亡くなったのでしみじみ...
おじは精神を病んで行方知れずになってしまい、
数年前になくなったときに発見されたんですよねー。

世論がいうから、猫も犬も当然家族だなんて
言ってはいけない時代。
国のために差し出しましょう!(食べたり軍用犬にしたり)
っていう時代は絶対いやだ...

2010/08/15(日) 18:18:25 | URL | [ 編集]

ズッコのマミィ

うーん、飼い主さんのおじいさんの写真を見ていると考えさせられますね。
まだ青年という風情で戦争に駆りだされ・・・
この中には子孫を残すことが出来なかった人も要るのだろうなーと思うと複雑です。
この世から戦争がなくなる日が来る事を祈らずにいられません。

2010/08/15(日) 18:39:51 | URL | [ 編集]

ヴィオラ

お祖父様の貴重な写真を有り難うございます
終戦記念日をむかえ、色々と考えさせられますね
戦争がなくなる世の中になることを
心から願います

2010/08/15(日) 20:07:43 | URL | [ 編集]

ひじまま

貴重な写真ありがとうございます。

かぁちゃんの両親のおじぃちゃんは
二人とも戦争に召集されなかったそうです。
事情がありまして・・・

じぃちゃん達はそれを最後まで恥ずかしいって言ってました。

そういう時代なんですね。

じぃちゃん達が生きてたから、かぁちゃんはのほほ~んと産まれてこれたのに。
なんだか複雑な心境です。

戦争はもう無くなって欲しいです。
人間同士が国が違うってだけでいがみ合うのも嫌だし、
戦争によって環境がどんどん破壊されて行くのも嫌・・・。
戦争だけじゃなく、私たちが普通にしている生活が環境を破壊していく。
その結果、野生の動物が人里にきちゃって大騒ぎなんて事もある。
異常なまでに進んでいる温暖化のせいで生態系が乱れている。
その事気が付いてるのになかなか改善されない。。。

今、自分が出来ること・・・を毎日考えてます。

2010/08/15(日) 22:52:40 | URL | [ 編集]

しま

おじいさま、まだまだ少年ですよね~。
段々身近に戦争を体験した人がいなくなってきて、話を聞く機会も減ってきていて。
私も祖父母、両親から戦争の話はよく聞きました。
祖父は回天の教官をしていたのだそうだけれど、亡くなるまでそのことを知っていたのは叔父ひとりだけでした。 軍事機密で家族にすら何処で何をしているのか話してはいけなかった、ということの他にも、若い人たちを死ぬために送り出したことをとても悔やんでいたそうです。

2010/08/16(月) 00:02:07 | URL | [ 編集]

タフィー104

当時招集された方は、今で言えば大学生とかですよね。
今に比べて当時の方は、大人だなあと思います。
どなたかが,敗戦記念日じゃなく終戦記念日にしたことに意味がある・・って言ってました。
敗戦だと負けた→再戦の意味が含まれるって事。
終戦とは、二度と戦争を行わないという意味がある・・本当に二度と起こしてはいけないですよね。

2010/08/16(月) 04:56:34 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL